大器晩成

「大器晩成」の由来は、『老子』にある「大方無隅 大器晩成 大音希声 大象無形」で、「たいほうむぐう たいきばんせい だいおんきせい たいしょうむけい」と読みます。 大きな四角形は角が見えず、大きな器はなかなか出来上がらず、大きな音はかえって聞こえず、大きな形は形として見えないものだということで、大きなものの全貌は測り難く完成までに…
コメント:0

続きを読むread more